糖質制限中に食べて良い、低糖質食品について

年齢を重ねると、若い時よりも太りやすくなりますし、お腹に脂肪が付きやすい体質の人は糖尿病や高血圧、動脈硬化などの生活習慣病に罹るリスクが高まります。糖質制限をするダイエット法は、摂取カロリーを抑えるよりも、糖質の摂取を控えることで、適正な体重を維持できるようになります。糖質制限をするダイエットをする時は、白米や小麦粉、麺類、パンなどの糖質を多く含んだ食品の摂取を控える必要があります。

小麦粉の胚芽の部分のふすまで作られたふすまパンは、もちもちとした触感が特徴でおいしいパンです。お体のデリケートなお子様や高齢者のおやつにしているご家庭が多いですが、通常の小麦粉のパンよりも、90パーセント近く糖質オフができるので、糖質制限をするダイエット中でも食べることができます。

ふすまパンは、カロリーが低く、食物繊維が豊富に含まれているので、栄養価も高く、糖尿病などの持病のある方でも安心して食べることができます。糖質制限をするダイエットを始めている人は、白いご飯は糖質が多いので、摂取を控える必要があります。玄米や雑穀米は圧力鍋などで炊くと柔らかくなりますし、もちもちとした触感がとてもおいしく、ビタミンやミネラル、鉄分、食物繊維などが豊富に含まれています。

雑穀米は赤米や黒米、粟やヒエなどがバランスよく含まれており、よく噛んで食べると優しい甘味があり、お子様から高齢者の人もおいしく食べることができます。雑穀米は、白米に比べると糖質が少ないため、ダイエット中でも安心して食べることができます。中高年以降の人は生活習慣病を予防したり、改善をするためにダイエットをしたいという人が増えているので、糖質を制限するダイエットを始めたいという人が増えています。

キノコ類や緑黄色野菜、もやしなどは通常通り食べることができますし、脂身の少ない肉類や卵、白身や青魚などは食べることができるので、栄養バランスの良い食事を心掛けるようにして下さい。糖質を控えることで、血糖値の上昇を抑えることができますし、脂肪の蓄積を抑えることができるので、体質改善しやすくなります。

健康診断でメタボを指摘された人は、食生活を改善したり、こまめに運動をするように心掛けて下さい。ふすまパンや雑穀米はインターネット通販のお店や、大型のスーパーマーケットでも販売されていますし、ふすま粉を購入すると自宅で手作りパンを作ることができるため、費用を抑えることができます。

Category: archive